9月1週目

音読 2.33h
英作文1.33h
文法 3.33h
精読 0.67h
単語 1.00h
多読 1.25h

1週間で10時間!久々に程よい水準まで学習時間が増えました。
私の場合、1つの事をやるより少しずついろいろやった方がトータルでは集中できるようです。
多読の教材(VOASpecialenglish)は↓に紹介文書きました。

<新刊情報>
TOEIC対策本が売れるようになると、「そうか、TOEICが近いのか」と分かります。
いや、本当はTOEICの日程を意識しつつラインナップを変えたりしないといけないのですが。

新刊も色々出ます。秋はTOEIC毎月あるから。
まずは模試から。
TOEICテスト 本番攻略 リスニング 10回模試
TOEICテスト 本番攻略 リーディング 10回模試
妙に安い模試で知られる学研からL/Rパート別の模試が登場です。ジャパンタイムズの各BOXと同じかもっと安い値段で問題数は2倍!
韓国のベストセラーの日本語版だそうですが…。評判が定まるまで待ちでしょうか。

もう1点。かなりストイックな内容のリーディング対策本です。
スコア900へのTOEIC®テスト パーフェクトリーディング
ただ、私にはまだ必要の無い本ですね。残念ながら。
桐原のはリスニングも後日発売予定です。

今日はまだ書きます。
本ではなくサイトの紹介です。

先日、VOA special english というのに行き着きました。
アメリカの国営放送 VOA が運営する英語学習者向けのニュースサイトです。
土日も関係なく日々更新され、記事には、1つが500語前後の短いものと、1500語前後の長いものがあります。
話題は様々。歴史、科学、文化、英語学習者向けのコラムなどなど。
音声付で、ダウンロードも可です。大分ゆっくりなので、聞きとり易いですが、訓練としての負荷は軽いかも。
語彙はおそらく大半がSVL3まで。たまに専門用語が出てきます。
魅力的なサイトですが、マップで応用するにはどうすれば良いのか…。
わたしは悩みましたが、現在は多読と割り切ってだらだら読んでいます。
平日500語、休日1,500語を目標に。
1週で5,500語、1ヶ月で22,000語。1年で264,000語!4年なら1,056,000語だ!
すみません、皮算用です。ただ、このペースで読んでも読み切れない記事が出てきます。

今週読んだのはこんな感じ。

Isadora Duncan, 1877-1927: The Mother of Modern Dance
約15分、1500語くらい。全く知らない方でしたが、大意は取れました。
Test Your Word Knowledge With a Quiz About Farm Terms
約4分、400語くらい。日本で言うなら出世魚?
Osteoporosis Increases Danger of Broken Bones
約15分、1500語くらい。いきなり病名がタイトルに来てますが。
For Lots of People, Getting Older Means Getting Happier
約4分、400語くらい。
A Visit to Several Unusual Museums in the United States
約15分。1500語?3分割して読みました。丁度3つの文章が集まっていたので。
United States Fighting Operations in Iraq Officially End
約5分、500語か。後半の段落がよく分からず…。
Andy Warhol, 1928-1987: The Father of Pop Art
ウォーホルは知ってました。生い立ちはまるで知りませんでした。1500語くらい。

今週+ちょっとで約7000語行けました。もう自己満足です。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

テーマ : TOEIC - ジャンル : 学校・教育

2010/09/08 01:35 | 学習日誌(1期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |