FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ふと目に止まった単語は

中国からの書簡を読んでいて、ん?と思った単語(熟語?)

per se *リンクはアルクEIJIRO

However, there is one exception, that is, if the application per se is divisional application without unity objection and the original parent application is no longer pending, then further divisional application is not available.(*細かい部分うろ覚え)
(訳)
しかし、1つ例外がありまして、本願自体が分割出願で、同一性による拒絶が無く、また元の親出願が係属中で無い場合は、更なる分割出願はできません。
てな具合でしょうか。
リンク先にてご覧頂けます様に、ラテン語だそうです。
中国の弁理士やるなぁ!
法律関係だと、英語でやり取りしてても、たまーにラテン語を見かけます。
アメリカのPTO(特許商標庁)の審査官、弁理士ともに使います。
たまにですけど。

分け入っても分け入っても未知単語の山
明日からも頑張ります。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/11/20 22:01 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。