弁理士試験の突破を目指す

唐突ですが、目指します。
まぁ、そうなるんだろうなぁと思っていたのですが、今後のことを考えて、そうしました。

8月にパパ友ママ友一家と飲みに行ったのですが、その時
「40歳過ぎると新しいことに挑戦出来なくなるよ」と脅されたのです。
何が原因か知りませんが(記憶力・集中力・気力・体力などの低下でしょうか)、
言われてみると、私も魂が経年劣化して、雑念が増え、集中力/記憶力が低下してきている
気がします。
まぁ、その増えた雑念/邪念から動機を捻出し、決断した面もあるのですが。

とりあえず、amazonでそれらしき本を買い、体験記や勉強法の本で調査したところ、
・平均的には、3,000 時間の学習で合格するような気がするらしい
・働きながら育児しながら、最短1年で合格した人もいるらしい
まぁ、らしいです。

あと、嫁の大学院時代のゼミともが弁理士になったらしいですが、工学研究科(大学院)などを出ていると、選択科目が免除になるらしいです。
文系なら法学の院。
あぁぁぁぁ大学(高校?)時代のオレのばかぁ!なんか面白そうという興味だけでほにゃらら人間科学部に進学したなんて!
(そのお陰で今の私がある、もしくは、そこでそうするこそ私だ、とも言えるのですが)

選択科目は後から対策考えるとして、3,000時間というのは途方もなく長大な時間に見えますが、
私が英語学習とこのブログを開始し(当時500から)、TOEIC940点を取得したくらいで、まぁ3,000時間かなぁと思っています。
1日3時間くらいしている(た)と言えればかっこいいのですが、平均2時間として、600時間/年(さぼりは大まかに算入)
休止もあったり、なので実質5年で、まぁ3,000時間でしょう。

仕事がら、若干のアドヴァンテージがあるので、多少楽観している部分もありますが、マニアックで細かいことを聞いてくる設問も当然あるので、ぼんやりしていると、取得は難しいでしょう。
まぁそんな感じです。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/11/13 22:45 | 弁理士試験COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |