スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

どれだけ単語を暗記すればスラスラ英語が理解できるのか?

最近単語の話しかせず、単語の事ばかり考えており、ただの単語偏執狂になりつつあります。
先月のチェックでは暗記のペースが落ちており、また、覚えても未知語に出くわすことが絶えず、
モチベーションを維持するための方策が必要だと思いました。

で、やるのは単語リスト、辞書、データベースなどの比較です。

使うのはこちら

*SVL 英単語の部屋(12000+2998) 言わずと知れた、ボキャビル用データベース。eijiroのCDから抜き出します。英単語の部屋はどうしたらいいんだろう。

*Weblio(レベルの詳細は不明) ウェブ辞書の一つ。語彙数の多さが強み。暗記の元データには使いにくいかと。

*ロングマン英和辞典のJCET8000語 個人的に推薦したい辞書です。電子辞書を買う際、ロングマン英和を基準に決めました。JCETとは大学で学ぶ学生に習得をすすめる単語リストのようです。今回使用したのはシャープの電子辞書に最初から入っていたものです。

*Longman Pocket Dictionary(項目数16000)安い紙の辞書。洋書。今後辞書暗記を進める可能性もあり、比較してみた。 

*プログレッシブ英和の重要語14600 比較的新しい紙の辞書。他の辞書よりも多めの14600語に記号を表記。上記と同様、辞書暗記の目安として購入。

これらのデータや辞書に、私がここ最近遭遇して苦労した単語をぶつけ、暗記でその苦労が無くせるのか検証しようというものです。

で、いきなり結果です。
jishohikaku2015.png
(関数の都合で数字しか入ってませんが、レベル指定のある語、ポケットは掲載のある語に入力があります。

今回の結果からいえば、14000-15000の語彙力でかなり理解はできる、苦労はなくなる、いや無くなりはしないか。
軽減てきると思います。
ただ、ニュース英語以外の表現、レベル指定のない熟語・成句については、不明です。
また、C2のメンバーでは(私の知る限り)englishlove40 さん、 JetBullさんがこの付近に位置するはずですが、
お2人とも学習を継続し、さらに上を目指されているはずです。
なので、最終目標とは言えません。
当面の目標としては、15000ということで変更ありません。

 データベース対決検証 

比率でいけばweblioでいいじゃん、と言いたいところですが、レベルの詳細が不明で、レベルごとのデータの抜き取りは(私には)できません。
学習の際の目安として、利用するのが良いかと思います。

SVLは比較的簡単な操作でデータが抽出できますので、利用をお勧めできると思います。
ただ、網羅性に不足が指摘されており、上記の通り英単語の部屋のリストを加えたのべ14998項目に一度目を通すことでより確実になるのだと思います。
また、私の学習に関していえば、SVL12終了が見えた時点で、英単語の部屋のデータ化を考えないといけません。
(コンピューター言語に疎いので、自動で抜き出す方法がわかりません。手動で入力することになるかと。)

 辞書暗記を見据えた場合

JCETはさすがに、8000語暗記した後では力不足でした。今回の条件では真価が発揮できなかったのでしょう。
英検準1級など、難易度や条件を変えて検証すれば、違った結果が出たかと思います。

紙の辞書の意地を見せたのはプログレッシブ。
14600の重要語彙は伊達ではなく、健闘しました。
SVLと並行して利用し、用例や熟語を補完する使い方も良いと思います。私もそう使っています。
C2のメンバーさんのブログで拝見したのですが、どなたか失念。。

Longman pocket dictionary は予想より苦戦しました。
表記上16000でしたが、(おそらく熟語や語形変化も計算するのでしょう)実際はJCET程度、8000位でしょうか。
ただ、他のコーパスでは引っかかりにくいpodiumを収録するなど、日本人とネイティブで基準がちがーうと感じられる部分も見られました。

辞書暗記を考える場合、先にSVLなどで15000前後まで引き上げ、さらに上の辞書(項目数40000以上か?)を目指すのがよさそうです。

 余談、今後の検証目標

ちなみに比較した単語のうち、picturesquは私がど忘れしたのではなく、SVL暗記以前に遭遇してショックを受け、地道なボキャビルを決意させた単語です。あえて掲載しました。
今回検証したものには必ず掲載されていましたので、一般的な単語なのだと思います。
が、初めて音で聞いたとき、さっぱりわからず、語彙の大切さを思い知ったのです。
entrepreneur とかも音で聞くとさっぱりですよね。

今回予算と時間の都合で、確認したくてもできなかった辞典があります。
ケンブリッジの Advanced learners dictionary というやつで、CEFRの目安(B1-C2)が表記してあるというのです。
ちょっと試しに買ってみようという値段ではなく、電車で行ける大型の書店でも見かけませんでしたので、確認できませんでした。
お持ちの方、見かけた方、情報提供いただければ幸いです。

ふぅ。少しすっきりしました。
これでまた、偏執狂の道に戻れます。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2015/12/09 21:53 | ボキャビルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。