ボキャビルと多読タチョウ

単語帳やリストの暗記をしていると、「こんなんホンマに目にしたり耳にする機会あるんかなぁ」
と不安に襲われます。
そんな不安を振り払おうと、SVLの単語(現在学習中のSVL07,08)から見かけたものをご紹介。

http://edition.cnn.com/2015/10/15/studentnews/sn-content-fri/index.html
gigantic cave というフレーズが出てきます。ミサイルを格納する巨大な地下空洞のようです。
なぜかスクリプトが機能してませんが。たまにありますねCNNは。。

https://cgi2.nhk.or.jp/e-news/news/index.cgi?ymd=20151118
こちらでは thaw が使われています。
まさに氷が溶けるという意味です。

https://cgi2.nhk.or.jp/e-news/news/index.cgi?ymd=20151120
clasp は逆にイメージがぼんやりしてしまいました。
仏像なら印を結ぶ、とか考えてしまうのがいけないのかもしれまん。
心頭滅却して手を握るclasp 手を握るclasp...

単語帳で見ただけだと頭に入ってこなかったり、実際に使われる様子が想像できなかったりしますが、
多読タチョウで確認できれば、しっかりと印象に残ります。
まぁ、とっさに口から出てくるのはgiant とかmelt とかmeka a symbolic form with the handsなんですけど。
最後のはとっさに出ませんよ。

書くときは、同じ単語の流用が嫌われるとどこかで聞きました。
上記nhkのサイトでも1文目はmelt と書いています。2度目はない。それが英語。
weekly mainichi, NHK のん、Jpantimes のST、どれも日本人向けに調整されてはいますが、
1万語レベルの単語も混ざっています。
できれば年度内に1万語くらい頭に入れたいと密かに思っているのですが、(500語/月のペースですね)
単語の暗記と多読タチョウの両立で定着できるだろうと思っています。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2015/11/21 22:31 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |