CNNstudentnewsの利用例

さて、今回はCNNstudentnewsの利用の仕方について、自分なりの方法が見えてきたのでその紹介です。
人それぞれ適した使い方があるでしょうし、別にこのプログラムにこだわる必要も無いのですが、
難易度や取り組みやすさなどから、TOEIC900以上の方にはおすすめできると思っています。
特徴は以下のようなものでしょうか

・アメリカの高校生向けの内容。難しすぎず、かつ世界情勢など話題も豊富で飽きない
・10分という絶妙な長さ。聞きなおす時間が取れる短さで、学習のため適切な負荷のかかる長さ。
・画面上に字幕表示可能。スクリプト閲覧可能。
・平日毎日更新。(アメリカの休暇期間を除く)

さらにNHKの日本語版と合わせると
・翻訳・通訳(英>日)の学習の役に立つ
と言う利点も。
*締めの言葉遊びも鮮やかに訳しているのを聞くとため息が出ます。プロってすごい。はぁ。

使い方

まずNHKのCNNstudentnewのページ
http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/cnn/index.html
にアクセスし、そこからさらに英語版(CNN)のサイトに飛びます。
私は古いほうから取り組んでいます。
理由は、学校の長期休暇に合わせ6月~8月に更新が途絶えるからです。
後ろからやればその間アーカイブで取り組めます。

動画の再生画面が表示されたら、クリックして再生します。
1回目、字幕なしで聞きます。画面は見てもいい。
2回目、字幕つきで聞きます。CCと言うボタンを押すと字幕が出ます。読みづらいですが。スクリプトを印刷してもいいでしょう。
3回目、NHK日本語版を聞きます。字幕で英語も表示されます。ここで意味を確認します。
4回目、字幕なしで聞いて意味が取れたらよし。取れなくてもそれ以上取り組む余裕はありません。

以上です。
本当はスクリプトを印刷してどこが聞き取れなかったか、意味の分からない単語はどれか、など調べられればより良いのでしょうが、
これ以上労力を割くのは、私には無理です。
1日40分近く取られますが、TOEICだって本番は40分は集中しないといけないでしょう。
毎日それだけ英語音声に触れることができれば、資格試験の英語も苦にならなくなるはずです。
(そんな事言って先日の受験は途中で集中力切れたりしましたが。)

リスニング能力の底上げは個人的な課題なので、1日40分かけてでもこれは取り組まなくてはなりません。
英語ニュースの音声が聞き取れるのを見れば、おお!英語のできる人!と思われるでしょう。
そう思われたい。思われるはず。

ちなみに、3月に休業状態から再開して、CNNの使い方を探りつつ聞いてきましたが、
話の大筋が一発でつかめるようになる(と自分で錯覚する)までに
大体2ヵ月半かかりました。
高校生向けなので聞き取れてもそんな凄くはないのですが、TOEIC500点からはじめた
30台のおっさんとしてはすごいなぁと自分では思っています。

よろしければお試しください。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2015/06/03 23:23 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |