TOEIC900の先にあるもの

とはなんでしょうか。
私は終着点に到達した訳ではありません。
まだまだ途上にいるのですが、TOEIC900を獲得後、具体的な目標を見失い、
2年ほど学習に熱が入らない状態が続いているのも事実です。
もっと英語で話せるようになりたい、書けるようになりたい、いろんな言葉を聞き取って、読んで理解できるようになりたい。
TOEIC600だった頃も、900取得した今も、願いは同じです。

TOEIC高得点者でも色々で、もっと話せて何でも読んでしまう人もいますし、私のような中途半端な人間でもある程度点数は取れます。
なので、TOEICというのはかなり大雑把に英語の能力を測る試験だと思います。(実際に書く/話すことは点数に加味されませんし)
ただ、TOEICを批判するつもりもありません。ETSも別に純粋に英語能力を測るとは言っていませんし。むしろ、大都市では毎月受けられて、受験者を飽きさせないいい試験と思います。

ただ、ある程度高得点を取ると、何か違うのではないかという気がするのです。
900ではなく990を求めらる場面というのも想像がつきません。
すごいと思いますけどね。990取るなんて。

と、これ以上御託並べて「あぁ、こないだの感触が悪くて、負け惜しみ書いてるのね」と思われては私の真意がますます伝わらなくなると思い、いったんこの話はやめにします。
何か新しいことでもして、具体的に何がしたいの?できるようになったの?というのをお見せできれば、と思います。
うまくまとまらず申し訳ないです。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2015/05/30 22:27 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |