スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Information Disclosure Statement 5(IDS:情報開示陳述)

喪中につき、新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにした他愛も無いパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
特許の文献(出願公開公報)を紹介し、そこから気になった点を順次取り上げることにしたいと思います。

さて。今回紹介しますのは、, wherein です。
訳語としては「AAを特徴とするXX」と言われています。多分一般的な辞書にはこの意味で記載されていません。
前後からもう少し使い方について見てみましょう。
wherein の前はカンマを挟んでa mixer に始まる名詞が存在します。
後ろは、改行してSVを含む文が来ています。
ですので、覚え方としては
XX(原則名詞), wherein (改行)AA(SVが来て良い)
AA(であること)を特徴とするXX
がよろしいいのではないでしょうか。

難易度ですが 
アルク社のSVLには含まれていません。
TOEICで見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
出て来る可能性は否定できませんが、今回紹介した意味で出る可能性は限りなくゼロに近いと言えます。
このことから、TOEICで高得点を狙うために必要な知識とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1を読み進め、順次気になる単語についてお話します。
引き続き、かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/31 20:58 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 4(IDS:情報開示陳述)

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにした他愛も無いパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
特許の文献(出願公開公報)を紹介し、そこから気になった点を順次取り上げることにしたいと思います。

さて。今回紹介しますのは、ある特徴についてです。
Claim(s) 【請求項】を記載する際、ある決定的なことに注意を払わなければ、どんな優秀な翻訳者であっても、その人の書いた翻訳は認められません。そのこととは、、、もうお気づきですね。
1つの請求項は1つの文で書く(書かれる)ということです。
え?と思ったあなた、もう一度指定文献をよぉ~く読んで下さい。
違和感ありありです。その違和感の正体について考えてみて下さい。
とにかく長い。そして最後までピリオドは来ない。説明の必要はありませんね。
大丈夫。そのうち慣れます。私は半年で慣れました。

難易度ですが 判定不能ですね。
こういった形式で書かれた文はTOEICで見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
このことから、TOEICで高得点を狙うために必要な知識とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1にある特徴的な単語についてお話します。
引き続き、かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/27 20:55 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 3(IDS:情報開示陳述)

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
今回は、特許の文献(出願公開公報)を取り上げ、そこから順次取り上げることにしたいと思います。
下準備は前回参照

さて。まず最初に紹介しますのは、
what is claimed is;
請求の範囲
です。
ここでお断りを。あくまで一例として数ある広報の1つを取り上げたに過ぎず、あらゆる場合で同じ訳が成立するとは限りません。
ですので、実際の職務に際しこういった訳をしてどういった評価になるかというのは行った各自で責任を負ってください。
前置きが長くなっていますすが、この語の指すもの(この表現の後ろの文)が実際に特許として権利請求をするものということになります。
特許出願において最も重要なものであり、審査官との討論もこの部分を対象にすることが多くなります。
また、審査通知や意見書などでは、
Claims
請求項
ということもあるかと思います。
その下の各請求項を指す場合は、
Claim 1, Claim 2, ...(請求項1、請求項2、。。。)またはClaims 1, 2, and 4-6 といったふうに指定します。

難易度ですが 判定不能ですね。
例えばもっと一般的な要求する、要求といった意味で各試験に登場することはあるでしょう。
しかし、特許用語としてTOEICで見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
つまり、一般的な意味さえ理解していれば、TOEICで高得点を狙うために必要な語彙とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
特許として権利請求をするものという意味で見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1に進みますが、1つ大きな特徴をお伝えします。
かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/21 22:57 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 3x準備編(IDS:情報開示陳述)

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにしたくだらんパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
さて
そろそろ腕に覚えのある学習者のみなさんは、「ええい、特許実務上の英語の難易度とやらを早く見極めさせろ!一語一語お前の記憶を頼りに小出しにされたのではラチがあかん!」とお考えのころでしょう。
私としてもネタ切れの心配がありますので、ここで、特許の文献(出願公開公報)を取り上げ、そこから順次取り上げることにしたいと思います。
(仕事と無関係ではないのですが、)記載の内容から私の勤務先にたどり着くことは困難だと思いますので、支障ないでしょう。

準備として
1.特許情報プラットフォームを開く
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage
2.特許実用新案テキスト検索へ
3.国際公開番号を選択 WO12/023609 を入力
  ダウンロードする
4.Espacenetを開く
https://worldwide.espacenet.com/
5.US2013/0215711を入力
  ダウンロードする
以上です。

まず最初に紹介しますのは、
what is claimed is; (US2013/0215711 P.16 右がわ)
特許請求の範囲 (WO12/023609 2頁)
の予定です。
かる~く読んでおいて下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/18 22:49 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 2(IDS:情報開示陳述)

ここに、職務先での仕事内容を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにしたくだらんパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
ただ、あまり広い概念からお話すると、基準も無茶苦茶になり、書くのも読むのもおっくうになるかと思います。
実際に私が仕事中に見かけた表現/語彙について私なりの基準と照らし合わせながら情報を開示したいと思います。

it would have been obvious for an ordinary skilled one in the art to do (something invention) at the time of the invention
発明が成された時点で(なにかその発明を)行うことは通常の技術を有する当業者にとって自明のことであっただろう。

なんのこっちゃらですが、上記は特許出願の自明性に関する表現で、まぁこの表現を見たら特許が認められていないのだな、ということかと思います。
特許というのはなんでも認められるのではなく、すでに開示されているもの、または、発明が成された時点で、当該業者であれば実施出来たであろう程度であるもの(つまり大して目新しくないもの)は認められません。上記はそれを表現したもので、審査官(特許庁の役人)が使うことが多いです。
英語学習者であれば、助動詞 would have の時制や、skillの係り方(with ordinary skill という場合もあり)などが理解できれば十分でしょう。
また、obvious は自明である、という言い方が業界的に正しいそうです。
1つ1つの単語に特記することは無いのですが、全体として何を言いたいのかは、独特の表現であり、多分丸暗記が早いかと思います。

難易度ですが 判定不能ですね。
TOEICでこうした文は見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
つまり、TOEICで高得点を狙うために必要な語彙とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/12 22:15 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。