スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

計画実行のため、工夫をする

計画を立てる際、自分の1日を想像しつつ、具体的にどの時間を活かして何をするか考えながら予定を組んだ方なら、実行も困難はないでしょう。
しかし、予想外に時間がなかったり、移動中に教材を持ち歩くのしんどかったり、といった体のいい言い訳を見つけては、人間はサボります。
ほらこんな風に(震え声で)
Keikaku201610kekka.png
水色ができた部分、他は

というわけで進捗が芳しくない言い訳なのですが、転職前は労働時間が最短6h/dで、通勤は自転車で片道15分、午前中に最低限の家事を済ませば時間の確保に工夫をする必要はありませんでした。
ところが転職後は労働時間8h,通勤は片道1h、と単純比較で3時間30分の差が生じています。
工夫をしないと、時間は捻出できません。

例えば、通勤時間に学習できるよう、教材を持ち歩く、さらに、重さも軽くまとまれば言うことなしです。
何らかの教材を常に持ち歩ける状態にしておけば、スキマ時間を活かせるようになり、言い訳はできなくなります。

選択肢としては下記のものがあり、
1.コピーや印刷をしてクリアフォルダーに
2.画像やPDFのデータにしてなにか端末に
3.本を切断して、クリアポケットファイルに

1.コピーや印刷をしてクリアフォルダーに
利点:マーカー印、書き込みができる。 英検の問題は印刷したほうが復習しやすい
欠点:本のコピーは手間だしうまくいかないかも ・費用がかかる 

2.画像やPDFデータにして端末に
利点:スキャナや端末さえあれば、コストはかからない。 軽い。
欠点:機材が必要。 分厚い本はうまく行かないかも。 スマートデバイスは遊び/サボりの誘惑のもと

3.本を切断して、クリアポケットファイルに
利点:切断さえすれば、確実に読める
欠点:本の切断は心情的に抵抗がある。 切断、入れ替えが面倒

でしょうか。
英検の問題なら印刷して、切りたくない本ならカメラで撮って、安い本なら切断したほうが早い、というくらいでしょうか。

また、単語学習のP-study systemはアンドロイド版があり、SDカード等から問題集の移動が可能です。
通勤時間全てでスマホを見れるわけではないので(危険かどうか各自ご判断を)、効果は限定的ですが、それでも暗記作業がある程度確実に進むようにはなります。せっかく用意した音声が使えないという欠点もありますが。
時間が空けば車内で英検の問題を読みます。

夕食後に文法問題集か、英検の読解問題、
寝る前に寝床で読解の教材を読み、そのまま寝落ち。。。
と、ある程度詰め込んでもリスニング/音読の時間はイメージできません。
目を閉じてから寝床か。シャドーイングを始めると寝れなくなるかもしれません。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/11/25 22:58 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

目標を掲げ、計画を立てる(2)

目標に対し、ある程度やることがあがったので、それを具体的にいつ、どのくらいやるのか、を表のようなものに落とし込んでいきます。
エクセルか、最近はgoogle のスプレッドシートでもいいかもしれません。
目標や計画の終着地点から逆算して、例えば本1冊を3ヶ月で読むなら ページ数/90(日数) などで目安は出せますが、悲しいかな、人間はサボるようにできていますし、私の場合は、そんな大した量もこなせません。
なので、かなり余裕を持って、週のうち5日進んで2日休みとか、交互に学習と休みとか、組んでいきます。

問題集なら、8ヶ月で2周できるか??とか思いますが、語彙は果てがないので、ある程度の区切りで諦めます。

例えば文法問題は1日見開き1ページ、見開き15/月、で63/15で約4ヶ月で1周、6月までに2周できるか??といったところ(と言いつつ、すでにbehind schedule)。
あれもこれもやりたい、という思いは分かりますが、私の経験では、楽勝wwと薄ら笑いがこぼれる程度が続けられる目安かと思います。やる気も気力も絶対に折れない、という超人の方はどうぞお好きなように組んで下さい。私は凡人なので、まぁ、楽勝www程度にしておきます(なぜならすでにbehind schedule)。

文法
標準問題集を1日ごとに2ページとします。月30ページ、4ヶ月で1周します。

音読パッケ
書籍では準1級の音声を使った上級がありますが、1級の音声を使って、超上級(自称)のトレーニングをしたいと思います。2ヶ月で1級の本試験1回分を目指したいと思います。ただし、短い会話文などは省略、パート2の音声のみ使います。
およそ10日で原稿の文章1つ(Aとか)の計算です。

多読/読解
上記に合わせ、2ヶ月で英検1回分の文章題を読みます。かなり軽め。
また、読解の参考書を1周します。

語彙
ここが一番しんどい。「自称」上級者なので、語彙学習の比重が高くなるのです。
>PSSで初回学習1日60語ずつ =3ヶ月で日英英日各3周
>復習SVL05-1日100語ずつ   =3週間で日英英日各1周
初回学習XVL14まで、
復習XVL13まで、
ですね。
辞書からの新規書き出しも継続、
また、英検1級語彙問題の分析を2ヶ月に1度行います。

中期で見るとこんな感じ
OmakaKeikaku2016.png

短期ではこんなん。青塗りはできた部分。しろは。。。
Keikaku201610.png

計画としては以上です。
正直言って「え、ネイティブに準じる英語力を目標にしている人がこの程度のことしかやらないの!?」と疑いの声が上がっても不思議ではない、というか上がらなかったらおかしいよね、という程度の内容です。
ただ、これ以上のことはできませんし、すでに予定から遅れて行ってますので、まぁそれが現実です。
そんな現実でも来年6月まで生存継続していればまぁめっけもんだと思います。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/10/24 22:16 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

目標を掲げ、計画を立てる(1)

前回、継続(力)が英語の上達に重要だと書きました。
もちろん、それだけでは前には進めません。
目標地点と、それに到達するのに見合ったトレーニング法、内容、そしてそれを着実に実行するための計画も必要です。
目標というのが曲者で、あまり高すぎたり、漠然としたモノは具体的な学習法や実行可能な計画に結びつかないため、ある程度区切ったり工夫が必要です。
例えば、唐突に「ネイティブと遜色なく話したい」と言うことを目標にしてしまうと、やるべきことが膨大になりすぎますし、そもそも曖昧で計画も同様に漠然とし、ひいてはやる気を保てなくなるでしょう。
例えば、そうですね、ページ上部の画像のように、100点や1年の区切りを目安にすることもあります。

私の場合は、最終目標はネイティブと同等~みたいなことを考えていますが、直近では、
【来年2017年6月の英検1級受験&合格】
を目標に仕切り直したいと思います。

資格試験というのはある程度一定の水準で、一定の期間で開催されており、学習進捗の度合いを確認する際参考にできます。また、短期/中期でのリズムを作り出し、目標が達成されればさらにやる気に、できなければ反省して奮起する機会にできます。めげずに頑張りましょう。

私は試験対策を考えるとき、マップや、ヒロ前田氏のように、英語力を要素に分け、分析します。
今回はマップのトレーニング法の分類に従い、大まかには4つに分けて考えます。

・聞く(音読パッケ:初級~中級のトレーニングの根幹)
・読解/多読(中級以降の入力の主力)
・文法(出力系のトレーニングの中心)
・語彙(初級者は考えなくても良い。森沢氏のマップ参照)


ヒロ前田氏の場合は、下記も考慮に入れます。
・試験対策力
さらに細かく上げれば、
・英作文   (書く)
・英語面接(二次)(話す)
もあるかと思います。
私の場合、筆記に関しては、愚直に過去問を解いて慣れればよい、と今のところ考えていますので、今は考えません。

・聞く
 めっきり落ちたきがする。。。リスニングパートを使って音読パッケトレーニングをやりましょうか。

・読解
 地道に過去問を解く、読むを考えています。
 また、しばらく放置している 英文読解の参考書に手を付けます。

・文法
 英検の問題では直接問う設問はないのですが、文法問題集を復習して、力の維持に努めます。

・語彙
 SVLの暗記を継続します。10-12が壊滅的で、7-9も怪しく、そうすると5-6も見直したほうがいんじゃね?と思われます。辞書から写した自己流のXVL!も並行して確認を行うのが良いかと思います。同時に、果たしてそれで対策になるのかという検証も必要な気がします。


・英作文   (書く)
・英語面接(二次)(話す)
 上記については、補完計画(仮)を再開して(あと6回できるか?)、形式に慣れつつ自分のやり方の確立を目指します。

やることは以上です。
あとはたまの気晴らしに小説とかDVD活用できればいいですね。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/10/12 23:20 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今後の予定とか

このブログは、昨年三月に再開し、間もなく1年が経過します。(累計で考えると実は6年もやってるのですが)
現在は4期目と称し、C2レベルを目標としています。
しかしこの目標、今までのものと違い、かなり頑張って、おそらく歯を食いしばって、血のにじむような努力をしないと、一般の日本人には達成できないと考えるようになってきました。
漠然とその時不足を感じた項目に焦点を当てて学習を続けるただけでは、多分あと10年続けても、達成できないと思います。

ある程度長い視点で中期?目標を見据え、最終的に長期目標のC2を捉えるという段階を踏むべきでしょう。
その中期目標ですが、
日本で受験可能で、対策が比較的容易そうなのは英検1級(CSE3300 がC2に相当)だと見受けられます。

2016年度は、2017年1月の第3回で、英検1級合格(CSE2630、C1相当)を目標に対策を行っていきます。

ちなみに現状はTOEICのみ受験ありで、B2レベルと推定されます(TOEICでC1目指す場合、L490 R455とかなり敷居が高いです。)

***語彙

また、現在補強の最重要ポイントとして考えている語彙力に関し、新しい手法を導入しようと考えました。
アンチバベルという、その筋?では有名な手法だそうです。
有体に言うと、辞書暗記です。
ただ、塔主の実践している、紙に印刷する方法ですと、音声が対応できません。
なので、私は一旦エクセルに集積し、一定数ごとにPSSに読み込ませることを考えています。

standard vocaburary list から、さらに増大させようという目標ですが、
それにはSVLの暗記をしないと話になりません。。。
しかし、次の手段を暗記終了後に考えては、なにもできない期間が生じて勿体ないです。
なので、自分を信じて(過信して)早くも次の手を考えました。

利用するのは
ケンブリッジラーナーズディクショナリー(ケンブリッジ
ニュービクトリーアンカー英和辞典(学研
の2冊です。
NVAは塔主が1冊目にすすめする辞書で、50000項目(推定25000語)
CLDは私が独自に選んだ1冊。受験以外の、ネイティブ視点のコーパスを信じました。
35000項目(推定17500語)と小ぶりですがコロケーションを太字で表記、例文も多く感じます。
CFERの策定にケンブリッジも係わっていると言いますし、(ケンブリッジの学習辞書ではA1B1などレベル表記を行っている。十分とは思わないが。。。)気になったので対象にしました。

英検1級の語彙問題に対し、SVLでは75%しかカバーできませんが、
上記辞書併用なら90%までカバーできます(え?100%じゃないの?)
100%も目標として考えましたが、それですと単語だけで40000語レベル(研究社ライトハウスなど)の辞書を暗記しなければならず、1段階目としては無理、と判断しました。
2段階目はライトハウスでいいとおもいます。(結局やるのかー)

で。CLDとNVAを並行して、3年かけて20,000語レベルを目指します。
さらっと言いましたが、3年かかります。
戻るボタン、ウインドウを閉じるボタン押す方続出ですね。
どうぞ。賢明なご判断だと思います。

ただし、私は愚かでも、発狂したのでもありません。
私はこの6年で、9000語レベルまで語彙力を伸ばしてきました。
5000語までは1年くらいで達したと思います。
その後1年で6000語レベル。あとは3年間横ばいで、最近ようやく9000です。
5年 6,000語 /実質1年で1,200語
1年 9,000語 /実質1年で3,000語(今ここ)
1年12,000語 / 実質1年で3,000語(SVLを終了させる + 辞書のデータ化進める)
2年20,000語 / 実質1年で4,000語(辞書暗記1段目)
すごいペースです。むしろ早い。
また、単語と並行して太字のコロケーションや、熟語もリスト化します。
SVLは単語単体しか含まれないので、熟語学習が行き当たりばったりになっていました。
英検では熟語も問われますし、読解でも登場します。
一度、自力でリストを作成し、今後も継続して増やすべきだと思いました。

ただし、時間がかかります。特に2冊読み比べるのが無駄のもとです。
が、1冊だとこころもとないんだよなー。
もう少し大きめの辞書でも良かったかなぁ。。。
でも、ニュービクトリーアンカーとか、昔なかったんですよね。
中学と高校の橋渡し、みたいな。
てか、センターまでならこれで十分です。
ジーニアスなんて、まず読まない。読んでも分かりません。
NVAは、学習者のミス用例や、入試問題での確認など至れりつくせりの内容です。
20世紀の学生さん(私の大学入学は20世紀です)は、読んでみてください。
こんな辞書が学生時代にあれば、、、いや、勉強したとは思いませんが。

今日はそんなところです。一旦きります。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/03/28 23:13 | 学習記録(4期)COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

なまけぐせを英語の気晴らしで解消できたらいいなぁ、あと11月の報告とか

ストレス耐性が下がっているのか、ついyoutubeをだらだらみてしまったり、なまけ癖がついてしまっています。
英語のニュースを聞くんだとパソコンを付けたはずが、きがつくと youtubeみて眠くなってる自分が。
ならば、気晴らしも英語ですればいいのです。
英語のアニメDVDがたまっているのでその中から物色。
CODE GEASS Lelouch of the Rebellion
MADOKA MAGICA
K-ON
Fate Zero
Suzumiya Haruhi
すとりくぷとの充実しているPuella Magi Madoka Magica に決定。
ひとまず1話は集中して観れました。

報告が遅れておりますが、11月はこんな感じでした。
201511.png

以下折りたたみ

続きを読む »

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2015/12/16 00:10 | 学習記録(4期)COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。