新聞で誤訳があったらしい

最近めっきり英語の話題が減ってきたのでふと目に留まった記事を紹介。

引用によると、大手の新聞でも
get away with murder
の訳を誤ったそうです。
私はNHKのニュースで見たのかな??その時は好き勝手にやる、という辞書の意味で字幕が出たので何も思いませんでした。

小さな辞書では載っていないものの、Oxford Student Dictionary のような中規模辞書で掲載があることから、
翻訳で食ってる人が辞書を引きさえすれば、誤訳はないと思われます。

以前は
LOVE TRUMPS HATE.
も誤訳が取りざたされました。
確か、訳としては。。。
誤)トランプ大嫌い
正)愛は嫌悪を超える
だったと思います。
動詞 三単現のSが肝らしいですね(トランプという名前にSは付かない)。

トランプ氏は過激な発言のイメージがあるので、今回の訳は、訳者も「これぐらいあいつなら言うやろ!」
みたいに錯覚したのかもしれませんね。
ただ、少しでもあやしいと思ったら辞書を、が転ばぬ先の杖になるかと思います。
私も凡ミスすることがあるので、気をつけないと。。。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2018/02/15 21:57 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2018年に向けて

まず、C2プロジェクトですが、管理者の英語教師さんのブログがアクセスできなくなりました。

この状況でC2プロジェクトに関し、何とも言い難いのですが、今後もリンクは残しておきますので、必要であればご利用下さい。
(C2の方のもので)ブログを更新している限りは、そのブログを読んでいますし、当ブログでは、2016年に作成したリンク一覧を残しています(PCならサイドバーにリンクが見えるはずです)。
http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-342.html
ただし、リンクに障害が生じた場合は分けて表示しています。
状況が分からないため暫定ですが、以上の処置にて対応します。

他は、というか、自分の学習はまぁぼちぼち。ですね。
可もなく不可もなく、やんわりと鈍足でも目標に向かって進められれば、と思います。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2018/01/17 22:04 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ふと目に止まった単語は

中国からの書簡を読んでいて、ん?と思った単語(熟語?)

per se *リンクはアルクEIJIRO

However, there is one exception, that is, if the application per se is divisional application without unity objection and the original parent application is no longer pending, then further divisional application is not available.(*細かい部分うろ覚え)
(訳)
しかし、1つ例外がありまして、本願自体が分割出願で、同一性による拒絶が無く、また元の親出願が係属中で無い場合は、更なる分割出願はできません。
てな具合でしょうか。
リンク先にてご覧頂けます様に、ラテン語だそうです。
中国の弁理士やるなぁ!
法律関係だと、英語でやり取りしてても、たまーにラテン語を見かけます。
アメリカのPTO(特許商標庁)の審査官、弁理士ともに使います。
たまにですけど。

分け入っても分け入っても未知単語の山
明日からも頑張ります。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/11/20 22:01 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ハイパーハードボイルドグルメリポート

勉強の息抜きと言っていいものか。
妻に勧められて、標題のこの番組を(ネットで)視聴しました。
*期間限定配信中だそうです。

内容は至ってシンプル。取材して、食事を撮影する。
ヨネスケみたいなものですね。突撃隣の晩御飯みたいな。
ただ、何かが違うとしたら、隣近所ではなく、海外の、普段見れないとか、会えない人の食事を撮影していること。

以下半分箇条書きでざっくり説明すると、、、
リベリア(英語発音に忠実ならライベリアだったかと)では、エボラ出血熱のサバイバーに密着
日本からの支援物資もバッチリ横流しされていて、闇市で売られていました。
次は内戦が終了し、用済みになった元少年兵たち。職は無く、誰からも見捨てられ、墓地でドクロと薬物とともに暮らしているもの達。
その中の一人、元少女兵(現娼婦)の食事に密着

台湾マフィア
ジンギって言ってたな。。

第2回ではアメリカのメキシコ系マフィア、それと抗争する黒人マフィア
メキシコ系のファストフードっぽいのは作ってみたいと思いました。
やっぱりAK47(先日の乱射事件、といっても乱射事件ばかりでわからなくなってますが、その際10万円ほどで買えると報道されてた)は12万円程度で買えるらしいです。
それから、黒人社会では、警察が来たら人数集めて囲んで、動画を撮影するそうです。
警察は黒人相手なら、その場で殺すから。
とか、そんな感じ。

テレ東攻めてますね。
予算はまるで無いらしく、現地映像以外の、スタジオではセットも何もなし。
パイプいすに小藪が座って感想を述べる程度。
危険もありますが、良くこんなアイディア出して、しかも実行できましたよね、と。

AD(?)も英語ができるのか、リベリアでどんどん切り込んで行きますが、それを見て英語を遠ざけてた妻も
「やっぱ英語できたほうが、いざというとき生存確率上がるんだなぁ」とボソリ。
まぁ、日本がリベリアみたいに国連やらの支援物資に頼る状態になってたら、言語以外にも死活問題がゴロゴロしてそうですが。

つまり、英語を多少理解、または話すことができれば、有事の際若干生存確率を上げられるかもしれない、ということです。
(「有事」自体の問題はさておき)
と、いうわけで、仕事やらそれの勉強やら大変な方も多いと思いますが、英語を勉強しておいてよかったと言えるよう、
常日頃から継続して学習しておきましょう!(そんな事態が起きないよう祈りつつ)

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/11/19 22:14 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

お笑いの可能性を狭めたのは誰?

英語全く関係ない話題です。

各所でニュースになっているので(かといって実物を見たわけではないので何とも言えないのですが)
ご存知の方もいるかと思いますが、某フジテレビの特番(報道によれば、reportedly, とんねるずの番組)で
なつかしいホモオダホモオのネタが放送されたそうです。
すでに次年度契約を更新しないスポンサー企業がでていると言われる一方、
一部芸人は規制がお笑いの可能性を狭めていると反論しているとか。

昔、嫁(関西人なのでお笑いに一家言あると自負している)から言われたことを書いておきます。
曰く
 人をバカにして笑いを取るのは、つまらないやつのやること。
 ほんとうにすごい人は誰も傷つけずに笑いを取る。
 それができないなら、自分をネタに笑いを取ればいい。
と。

報道が事実だとすれば、とんねるずは
 人をバカにして笑いを取る二流芸人
 すごい芸人ではない
 自分をネタにする度量もない
ということになります。

一部で、規制がお笑いの可能性を狭めていると言う芸人さんもいるようです。
私はその考えに同意しません。
まず、今回の報道を受け、スポンサーをやめようという企業が一部で出ています。
とんねるずとフジテレビは収入が減るわけで、今後、新たな企画をしたり、新人を起用するための予算が減ったことになります。
つまり、お笑いの可能性が、狭まったことになります、規制の無い、アホなフジテレビの責任者の決断によって。
逆に、一定の規制があれば、とんねるず、フジテレビおもしれ~、番組中見た広告好印象~、売り上げ増加、、新たな企画と新人起用と好循環になる、、、まぁ、可能性はあった  ですよね?
とんねるずは自分で自分の可能性を狭めたのであって、規制に狭められたのではありません。

お前、お笑いなんて何もわかってないだろ、面白いもの知らないんだろ!と思う方もいるでしょう。
私が今まで一番すごいと思ったネタを1つ紹介します。
エムワンだったかな?でスリムクラブが披露した、あなたは私の家の庭に巨大な塔を建てた、と言い出すシュールな漫才です。
マエダさん?大きい方が独特なしゃべり方で、シュールなことを言い出すから、そこが面白いんですけど。
誰も傷つけずに笑いを取ることは可能です。
怠惰な芸人が、創造力の怠慢が、規制に反対するのです。
*コメント非表示推奨

風刺のように、権力者を揶揄し、弱者の声を代弁し、笑いを取る文化もあります。
お笑い芸人のみなさん、自分のネタを見直し、批評に耐える精巧なネタに仕上げて見て下さいね!

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/10/02 23:17 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»