スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

日付の表記

暦の話をしたのでもうひとつ。

例えば、下記のような日付を見たとして、
02.07.09
さて何年何月何日でしょうか。
答えは分かりません。何ともいえません。断定できません。ですね。
ただ、場合分けは可能です。

欧州型
dd/mm/yy
で日本と正反対です。
また、wipo(世界知的所有権機関)がスイスにあることから、日本で出願した国際出願で、日本の特許庁から送付される書類も、この形式になる場合があります。
ただし、その場合、日、月、年と説明する文字列が付記されます。
また、東南アジアの公式文書ではこちらを採用している国が多い印象です。
世界史の資料を思い出せば、第2次大戦以前の宗主国がどこであったかが、手がかりになるかもしれません。

米国型
mm/dd/yy
アメリカと中国、もしくは、英語でやり取りする場合で、かつ欧州以外の国で一般的であると思います。
ただし、現地の公式書類の表記が英語と異なる場合は、現地語での表記は英語と異なります。
例として下記参照。

日本型
yy/mm/dd
日本型ですが、台湾と、意外と中国、韓国も公式にはこれを使っています
ただ、台湾は西暦ではなく、中華民国の成立を基準とした年数を使用しています。
2017年は106年だそうな。。。まぁ、日本の和暦も海外から見たら意味不明なのだと思いますが。

以上のような情報を勘案して取引先と照合し、判断することで勘違いを減らすのですね。
ただまぁ、書類に打つとき西暦は4桁入力しますし、月をアルファベットでJulなどと打ってくれることも多いですから、
02.Jul,2009
と言った風に印刷されたものを見れば、そうそう間違うこともないでしょうけどね。

自分で打ち込むときに相手の国や地域の慣習に則って入力できるといいですね。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/02/28 21:52 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

年末年始 Winter holiday season

思いの外年始が忙しく、すっかりパンクしていました。
理由と思われるのが
1.欧米では年末年始の長期休暇のために、12月上旬からバカスカ審査通知などを乱発、海外事務所の代理人もそれを全速力で転送、年始まで翻訳に追われる
2.アジア圏では太陰暦の正月(旧正月、Lunar New year)に重きを置く国があり(中国、台湾、韓国など)、年末年始はほとんど休まず(12/31-01/02は休むところが多い印象)審査通知を乱発、代理人もそれを全速力で転送、処理に追われる。
と行った事情です。

いつ働いていつ休むのか、その基準となる暦は国や地域によって異なります。
そんな当たり前の事に気づかせてくれた年明けの仕事始めでした。

*私の感じたことを書いているだけなので、事実と異なるかもしれません。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/02/28 21:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 6(IDS:情報開示陳述)

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにした他愛も無いパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
特許の文献(出願公開公報)を紹介し、そこから気になった点を順次取り上げることにしたいと思います。

XXXcomprising of AAA and BBB です。
訳語はAAAとBBBからなるXXXです。ただし、AAAとBBBの部分が長く冗長である場合は
この文献のようにXXXで、AAAとBBBからなる(り) としても良いでしょう。

難易度ですが 
アルク社のSVLには原型がSVL07に含まれています。
TOEICで見かけたことは、おそらくありません。英検の過去問でも見かけていないはずです。
ただ、私が覚えていないだけで、基本的な語彙であり、おろそかにしてよい単語ではないと思います。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1を読み進め、順次気になる単語についてお話します。
引き続き、かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/01/04 20:59 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 5(IDS:情報開示陳述)

喪中につき、新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにした他愛も無いパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
特許の文献(出願公開公報)を紹介し、そこから気になった点を順次取り上げることにしたいと思います。

さて。今回紹介しますのは、, wherein です。
訳語としては「AAを特徴とするXX」と言われています。多分一般的な辞書にはこの意味で記載されていません。
前後からもう少し使い方について見てみましょう。
wherein の前はカンマを挟んでa mixer に始まる名詞が存在します。
後ろは、改行してSVを含む文が来ています。
ですので、覚え方としては
XX(原則名詞), wherein (改行)AA(SVが来て良い)
AA(であること)を特徴とするXX
がよろしいいのではないでしょうか。

難易度ですが 
アルク社のSVLには含まれていません。
TOEICで見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
出て来る可能性は否定できませんが、今回紹介した意味で出る可能性は限りなくゼロに近いと言えます。
このことから、TOEICで高得点を狙うために必要な知識とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1を読み進め、順次気になる単語についてお話します。
引き続き、かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/31 20:58 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Information Disclosure Statement 4(IDS:情報開示陳述)

ここに、職務先での情報を謹んで開示します。
*米国特許制度におけるIDSの義務をもとにした他愛も無いパロディです。

英語学習者であれば、一般的な学習内容・教材が実務上通用するのかどうか、というのは関心があると思います。
特許の文献(出願公開公報)を紹介し、そこから気になった点を順次取り上げることにしたいと思います。

さて。今回紹介しますのは、ある特徴についてです。
Claim(s) 【請求項】を記載する際、ある決定的なことに注意を払わなければ、どんな優秀な翻訳者であっても、その人の書いた翻訳は認められません。そのこととは、、、もうお気づきですね。
1つの請求項は1つの文で書く(書かれる)ということです。
え?と思ったあなた、もう一度指定文献をよぉ~く読んで下さい。
違和感ありありです。その違和感の正体について考えてみて下さい。
とにかく長い。そして最後までピリオドは来ない。説明の必要はありませんね。
大丈夫。そのうち慣れます。私は半年で慣れました。

難易度ですが 判定不能ですね。
こういった形式で書かれた文はTOEICで見かけたことはありません。英検の過去問でも見かけていません。
このことから、TOEICで高得点を狙うために必要な知識とは思えませんし、英検でも同じでしょう。
見かけたという方ご一報下さい。

ほか
この記事の情報をもとに行ったいかなる行為、または当記事を読んだことによって生じたいかなる損害に対しても、私は責を負いません。

さて次回はClaim1にある特徴的な単語についてお話します。
引き続き、かる~く読んでおいて下さい。
文献の入手に関しましては以前の記事(http://gogakutan.blog11.fc2.com/blog-entry-381.html)をご参照下さい。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2016/12/27 20:55 | 特許英語COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。