お笑いの可能性を狭めたのは誰?

英語全く関係ない話題です。

各所でニュースになっているので(かといって実物を見たわけではないので何とも言えないのですが)
ご存知の方もいるかと思いますが、某フジテレビの特番(報道によれば、reportedly, とんねるずの番組)で
なつかしいホモオダホモオのネタが放送されたそうです。
すでに次年度契約を更新しないスポンサー企業がでていると言われる一方、
一部芸人は規制がお笑いの可能性を狭めていると反論しているとか。

昔、嫁(関西人なのでお笑いに一家言あると自負している)から言われたことを書いておきます。
曰く
 人をバカにして笑いを取るのは、つまらないやつのやること。
 ほんとうにすごい人は誰も傷つけずに笑いを取る。
 それができないなら、自分をネタに笑いを取ればいい。
と。

報道が事実だとすれば、とんねるずは
 人をバカにして笑いを取る二流芸人
 すごい芸人ではない
 自分をネタにする度量もない
ということになります。

一部で、規制がお笑いの可能性を狭めていると言う芸人さんもいるようです。
私はその考えに同意しません。
まず、今回の報道を受け、スポンサーをやめようという企業が一部で出ています。
とんねるずとフジテレビは収入が減るわけで、今後、新たな企画をしたり、新人を起用するための予算が減ったことになります。
つまり、お笑いの可能性が、狭まったことになります、規制の無い、アホなフジテレビの責任者の決断によって。
逆に、一定の規制があれば、とんねるず、フジテレビおもしれ~、番組中見た広告好印象~、売り上げ増加、、新たな企画と新人起用と好循環になる、、、まぁ、可能性はあった  ですよね?
とんねるずは自分で自分の可能性を狭めたのであって、規制に狭められたのではありません。

お前、お笑いなんて何もわかってないだろ、面白いもの知らないんだろ!と思う方もいるでしょう。
私が今まで一番すごいと思ったネタを1つ紹介します。
エムワンだったかな?でスリムクラブが披露した、あなたは私の家の庭に巨大な塔を建てた、と言い出すシュールな漫才です。
マエダさん?大きい方が独特なしゃべり方で、シュールなことを言い出すから、そこが面白いんですけど。
誰も傷つけずに笑いを取ることは可能です。
怠惰な芸人が、創造力の怠慢が、規制に反対するのです。
*コメント非表示推奨

風刺のように、権力者を揶揄し、弱者の声を代弁し、笑いを取る文化もあります。
お笑い芸人のみなさん、自分のネタを見直し、批評に耐える精巧なネタに仕上げて見て下さいね!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/10/02 23:17 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

新海誠 君の名は 翻訳を考える

新海誠監督の映画 君の名は。 が好評で、世界各国に上映が広がっているそうです。
(と、書こうと思っていたら、もうブルーレイが発売されるそうですね)。

ふと疑問に思ったのですが、劇中の翻訳に苦労するであろう場面に思い至り、はて、プロの翻訳家であればどうするのか、自分なりに考えてみました。

その場面とは
おっと、その前に念のため概要ですが、劇中では若い男女の肉体が入れ替わり、あったことのないその相手と関係を深めていく、というのが物語前半部分に当たります。
その際、女の子の意識が男の体に入り、初めて登校した際のこと。
女の子が「僕…」と話すと、男の友人2人が怪訝そうな顔をします。
あわてて「わたし...」というと、さらに表情の怪訝さが増します。
おそるおそる「俺?」と聞くと、2人はうなずき、この男の一人称は俺なんだと理解する場面です。

女の子のセリフを英語で順に示すと
“I...”
“I…?”
“I?”
となり、意味が分かりません。

おそらく中国語でも
我(WO)
3つでしょう。(古代中国語ではどうか知りませんが)

というわけで質問です。
英語で上記場面をなんと訳す??
教えて知的で素敵な人。

私の案ですが、話題を変えて、しゃべり方や口癖が分かるように差し替えます。
1.Could you please let me….
2.Please let me…?
3.(命令形)例えば Take me with you! とか?
ですね。
何か頼むときに、妙に丁寧、まだ丁寧、人に頼む?命令するんだよ俺は!と3段階で粗野になっていけば、男がどんな話し方をするか伝わるでしょう。
ただ、一人称ひとことに比べると尺が長くなるので、映像の修正が容認されなければ、却下されるでしょう。
(声優さん次第?)(プロであれば何と訳すのか、日本でも英語字幕が入ったり、はたまたどこかで吹き替え版が発売されるのなら、買ってみようかしらん)

なお、上記私案は苦肉の策であり、世間一般で翻訳と呼ばれる行為とは程遠いものです。
よって、私は翻訳ができないということです。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/07/19 22:28 | 僕は翻訳ができないCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

投稿記事のタイトル考える気力もない

進展もないし、更新もないし、どうしようもない状態で、とりあえず何か書いておかないと、さらに書きづらくなるだろうと思いとりあえず更新です。

率直に言うと、語学資格に対するモチベーションは下がっていると思います。
前にもちょこっとお話ししましたが、動機の半分は実益でした。資格を取って、それで何か英語を使う仕事に就きたいと。
現状、全部ではありませんが、仕事の中で英語に触れ、英語を用いる機会には恵まれていますので、その精度さえ上げられれば、実用上は耐えます。ただし、時間としては8時間中1、2時間とかそれくらいで、立て込んだら4とか??まぁ少ないですね。
なので、、仕事の中での英語の比率を上げてはどうか、という見方もあるかもしれません。

ただ、そうすると歩合制の翻訳家を目指すとか、どうにも私には現実味のない話になりそうなので、今のところは目指しません。

また、精度に関しては、知財関係に特化した職場ですので、業界の専門用語を覚えないと話にならないし、他方、その業界用語がTOEICや英検に生かせるかというと、うーん、と言った所。(もちろん読む量が増えれば間接的に英語力は上がっているはずですが)

そんなこんなで、今は計画を立てて学習を進めようという考えが浮かんでこない状態です。
つまり、資格を意識した学習というのは少なめになる、というか時間(と気持ち)の問題でできなくなると思います。
逆に、教材自体が興味を引くもの、私が気に入った物を読むか聞くか、といった方向にして、時間なり量なりの確保を目指すのが良いと思っています。
私が当初手本とした「10か月やってみた」でも、終盤はそんな感じでしたしね(そういえばこのブログ、最初はそんなこと言ってたねー)。

そんな感じです。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/07/01 09:12 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

日付の表記

暦の話をしたのでもうひとつ。

例えば、下記のような日付を見たとして、
02.07.09
さて何年何月何日でしょうか。
答えは分かりません。何ともいえません。断定できません。ですね。
ただ、場合分けは可能です。

欧州型
dd/mm/yy
で日本と正反対です。
また、wipo(世界知的所有権機関)がスイスにあることから、日本で出願した国際出願で、日本の特許庁から送付される書類も、この形式になる場合があります。
ただし、その場合、日、月、年と説明する文字列が付記されます。
また、東南アジアの公式文書ではこちらを採用している国が多い印象です。
世界史の資料を思い出せば、第2次大戦以前の宗主国がどこであったかが、手がかりになるかもしれません。

米国型
mm/dd/yy
アメリカと中国、もしくは、英語でやり取りする場合で、かつ欧州以外の国で一般的であると思います。
ただし、現地の公式書類の表記が英語と異なる場合は、現地語での表記は英語と異なります。
例として下記参照。

日本型
yy/mm/dd
日本型ですが、台湾と、意外と中国、韓国も公式にはこれを使っています
ただ、台湾は西暦ではなく、中華民国の成立を基準とした年数を使用しています。
2017年は106年だそうな。。。まぁ、日本の和暦も海外から見たら意味不明なのだと思いますが。

以上のような情報を勘案して取引先と照合し、判断することで勘違いを減らすのですね。
ただまぁ、書類に打つとき西暦は4桁入力しますし、月をアルファベットでJulなどと打ってくれることも多いですから、
02.Jul,2009
と言った風に印刷されたものを見れば、そうそう間違うこともないでしょうけどね。

自分で打ち込むときに相手の国や地域の慣習に則って入力できるといいですね。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/02/28 21:52 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

年末年始 Winter holiday season

思いの外年始が忙しく、すっかりパンクしていました。
理由と思われるのが
1.欧米では年末年始の長期休暇のために、12月上旬からバカスカ審査通知などを乱発、海外事務所の代理人もそれを全速力で転送、年始まで翻訳に追われる
2.アジア圏では太陰暦の正月(旧正月、Lunar New year)に重きを置く国があり(中国、台湾、韓国など)、年末年始はほとんど休まず(12/31-01/02は休むところが多い印象)審査通知を乱発、代理人もそれを全速力で転送、処理に追われる。
と行った事情です。

いつ働いていつ休むのか、その基準となる暦は国や地域によって異なります。
そんな当たり前の事に気づかせてくれた年明けの仕事始めでした。

*私の感じたことを書いているだけなので、事実と異なるかもしれません。

web拍手 by FC2

参加しています にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ よろしければクリックを

2017/02/28 21:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»